フィッシング詐欺とは、送信者を詐称した電子メールを送りつけたり、偽の電子メールから偽のホームページに接続させたりするなどの方法で、クレジットカード番号、アカウント情報(ユーザID、パスワードなど)といった重要な個人情報を盗み出す行為のことを言います。なお、フィッシングはphishingという綴りで、魚釣り(fishing)と洗練(sophisticated)から作られた造語であると言われています。
出典:総務省:国民のための情報セキュリティサイト

2021年においても、電子メールやSMS、ウェブサイトを通じてのフィッシング行為が横行しております。

先日、弊社のメールで確認したメールです。

差出人も正規のアドレスとなっており、正規のメールなのかフィッシングメールなのか見分けるのが難しくなっています。

クリックしてウェブサイトを確認するとドメイン以外には違和感がありません。
アカウント作成、利用規約、プライバシーポリシー規約、ヘルプは正規のページへリンクされています。

メールアドレスとパスワード情報の奪取が目的のようです。

まとめ

2021年現在においてもフィッシングメールは手法を変え、頻繁に送られてきます。
心理的な隙をついてるものが多いので、ついうっかり応じてしまう危険性があります。 フィッシングメールを見分けるポイントはいくつかありますので、身の覚えのないメールを受信したら一度冷静になり、安易に応じないように注意しましょう。